Tips/Linux

Samba4

  • CentOS 7.xでSamba4
    • 微妙にSamba3と違うので、まとめ直し。
    • SWATが無くなったので、直接smb.confを編集。
    • AD対応したらしいが、CentOSのrpmでは無理。

インストール

  • インストール
    • yum install samba samba-winbind samba-client
      • swatは無くなりました。
      • なおcentosのrpmではwinbind入れてもAD対応できないらしい。
  • 自動起動
    • systemctl enable smb nmb

設定

  • 設定ファイルをコメント付きと差し替える
    • mv /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.org
    • mv /etc/samba/smb.conf.example /etc/samba/smb.conf
  • 設定
    • vi /etc/samba/smb.conf
      workgroup = WORKGROUP
      server string = Samba Server Version %v
      netbios name = FILESERVER
      
      # interfacesはSamba全体のlisten、hosts allowは共有フォルダごとに設定できる。
      interfaces = lo enp1s0
      hosts allow = 127.0.0.1 172.27.0.0/16 192.168.0.0/16
      
      # local master = yesにするとos levelの大きいものが自動的にマスタブラウザに昇格する。
      local master = yes
      os level = 90
      # preferred master = yesにすると、必ずマスタブラウザに昇格しようとする。
      preferred master = yes
      
      wins support = yes
      wins server = 192.168.1.1
      
      load printers = no
      
      unix charser = UTF-8
      dos charset = CP932
      kernel oplocks = No
      strict locking = No
      
      [log]
      path = /var/log
      comment = log files on /var/log
      browsable = yes
      guest ok = no
      writable = no #書き込み許可
      valid users = jamfunk #Samba側の許可するユーザ
      force user = root #ファイルアクセスするLinuxユーザ
  • その他のオプション
    vfs objects = recycle #.recycleゴミ箱機能

起動

  • 起動
    • systemctl start smb nmb
      • systemctl status smb nmb -l

smbユーザー

  • 当たり前だが、smbのユーザはlinuxユーザとは別管理
  • ユーザ作成・パスワード変更
    • pdbedit -a jamfunk
  • ユーザ削除
    • pdbedit -x jamfunk
  • ユーザ一覧
    • pdbedit -L

その他

  • マスタブラウザを探す
    • nmblookup -M WORKGROUP
  • Windowsホスト名を引く
    • nmblookup workpc
  • Windowsホスト名を逆引き
    • nmblookup -A 192.168.0.100