NTPサーバ

  • 時刻調整サーバ
    • 調整とともに、問い合わせにも答えてくれる。
      • 当然、WindowsXPの「日付と時刻の調整」にも対応
    • クライアントについては Tips/Linux/Tips
  • yum
    • yum install ntp
      • Centos7からchronyd

設定

  • vi /etc/ntp.conf
    # localclock
    #server 127.127.1.0
    #fudge  127.127.1.0 stratum 10
    
    # Studio JamPack (stratum 2-3)
    server NTP1.JamFunk.jp
    server NTP2.JamFunk.jp
    
    # MultiFeed (stratum 2)
    #server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
    #server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
    #server ntp3.jst.mfeed.ad.jp
    
    # NICT (stratum 1)
    #server ntp.nict.jp
    #server ntp.nict.jp
    #server ntp.nict.jp
    
    # 福岡大学 (stratum 1) アクセス集中しすぎて規制かかってる?
    #server clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
    • server 行で参照するntpサーバを指定
      • 基本的に3つで良いらしい。
    • 優先度を付けたければ、fudge で stratum を下げれる。
      • が、どうも反映していない模様。。。なんで?
    • Centos7から、/etc/chrony.conf

ntpリスト

  • wiki@nothing > NTP
  • すながわが公開しているもの
    • NTP.JamFunk.jp
      • DNSラウンドロビン (stratum2〜3)
    • NTP1.JamFunk.jp
      • 現在はHibaru (stratum2〜3)
    • NTP2.JamFunk.jp
      • 現在はMitoma (stratum2〜3)
  • ちなみに通常は3つぐらい指定すれば十分。
    • たくさん指定すると揺らぎがでかくなる?

起動

  • ディストリビューションやバージョンなどで
    • ntpd とか xntpd とか微妙にコマンド・スクリプトの名前が違う。
  • /etc/init.d/ntpd start

状態表示

  • ntpq -q
    • Centos7から、chronycでsources

ntpd 参照状態表示スクリプト

  • ntpq -q のラッパー、ブラウザでチェックできるようにしました。
  • スクリプト fileshowntpq.cgi.txt
    • .txtを取って、CGIとして設置してください。
      • 状態を表示するサーバを設定する行 $WHICH_host だけ書き換えてください。

添付ファイル: fileshowntpq.cgi.txt 787件 [詳細]