Pukiwiki 設置時に関する Tips

オフィシャルの解説

丸ごとバックアップをとる

  • ?plugin=dump
    • 管理者パスワードが必要。

すながわがよく入れるスキンとプラグイン

IE7以降でcssが正常に表示されて文字が小さくなりすぎる対策

  • IE7 で CSS の解釈が変更されたため、GS2スキンの文字がものすごく小さく表示されてしまう。
  • ブラウザが IE7 の時ととそうでない時で出力する css を自動変更(手島版)
    • filegs2skin_ie7.zip
    • 使い方
      • 解凍して出てくる skin ディレクトリの中身を PukiWiki の skin ディレクトリに上書き
  • IE6以前なんて知ったこっちゃないからとりあえず文字サイズを1ランク上げる(砂川版)
  • GS2スキンバージョン 1.5.0 でIE7 に対応された模様

Pukiwiki 1.4.7 で flock() エラーが出る

  • 編集とか凍結解除とかしたときにエラーを吐く
    pkwk_chown(): flock() failed
  • Turbolinux 8 server では出るけど、10 server ではでない。
    • PHPのバージョンのせいか?
  • 対処法
    • rw 属性を建てているファイル(pukiwiki自身が書き換えるファイル)の
      所有権を httpd(Apacheのユーザ名)にしたら発生しなくなった。
    • file.php に手を加えることでもエラーを回避できるらしい

QRコード表示プラグイン でなぜか表示されない

ページごとに認証/編集権限を付ける

  • pukiwiki.ini.php : 232行目あたりから
    • まず、ユーザを作る。
/////////////////////////////////////////////////
// User definition
$auth_users = array(
        // Username => password
        'user1'      => 'passwordA',
        'user2'      => 'passwordB',
);
  • 認証の方法を決める。
/////////////////////////////////////////////////
// Authentication method

$auth_method_type       = 'pagename';
  • 閲覧認証を有効にして、正規表現で基準を決める。
/////////////////////////////////////////////////
// Read auth (0:Disable, 1:Enable)
$read_auth = 1;

$read_auth_pages = array(
        // Regex                   Username
        '/^:.*$/'       => 'user1,user2',
        '/^;.*$/'       => 'user2',
);
  • この場合は /^:.*$/(:で始まるページ名)は user1,user2 が有効、
    /^;.*$/(;で始まるページ名)はuser2が有効になっていることを表す。
  • こっちは編集権限の認証
/////////////////////////////////////////////////
// Edit auth (0:Disable, 1:Enable)
$edit_auth = 1;

$edit_auth_pages = array(
        // Regex                   Username
        '/^.*$/'        => 'user1,user2',
);
  • この場合は /^.*$/(どのページでも該当する)は user1,user2 が編集できる。
    必然的にユーザ権限のないものは編集できないということになる。

Amazon Web Service 更新

EUC版からUTF-8版へ移行

添付ファイル: filepukiwiki.css.php 1167件 [詳細] filegs2skin_ie7.zip 812件 [詳細]