リモートデスクトップ(RDP)に関するTips

mstscのオプション

  • mstsc
    • (接続プロファイル名) .rdpファイル
    • /v:(サーバ名)[:(ポート番号)]
    • /admin サーバの管理用セッションに接続
    • /f 全画面モード
    • /w:(幅) /h:(高さ) RDPウィンドウの幅と高さ
    • /public パブリックモード
      • RDPクライアントがデータをローカルにキャッシュしない
    • /span RDPウィンドウの高さと幅をローカル仮想デスクトップと一致させる
      • デュアルディスプレイや複数モニタにまたがって表示する
    • /edit 指定した接続プロファイルを編集する

Tera Term と連携して自動接続する

  • 外から内側へRDPしている
    • SSHでフォワーディングしている
    • でも毎回 TT起動→ID,pw入力→フォワーディング設定RDP起動→RDP起動→localhost:5910はめんどくさい
  • Tera Term のマクロを使う
    • マクロファイル fileTeraTerm+RDP_sample.ttl.txt
    • リネーム(.ttl.txt→.ttl)して編集して使用すること
      • 設定項目はファイル内コメント参照
    • このファイルを "C:\Program Files\teraterm\ttpmacro.exe" の引数に指定するか関連付け起動
    • RDPコマンドラインに接続プロファイルとか引数をあらかじめ指定しておくとほぼ全自動接続

ショートカットキー

ローカル側のキーリモート側に渡されるキー意味
[Alt]+[PageUp][Alt]+[Tab]ウインドウ切り替え
[Alt]+[PageDown][Alt]+[Shift]+[Tab]ウインドウ切り替え(逆順)
[Alt]+[Ins][Alt]+[Esc]ウインドウ切り替え(アイコン表示なし)
[Alt]+[Shift]+[Ins][Alt]+[Shift]+[Esc]ウインドウ切り替え(アイコン表示なし逆順)
[Alt]+[Home][Ctrl]+[Esc] or [Windows]スタートメニュー
[Ctrl]+[Alt]+[End][Ctrl]+[Alt]+[Del]Windowsセキュリティ
[Ctrl]+[Alt]+[Break]RDPのウィンドウ表示と全画面表示モードを切り替える
[Alt]+[Delete][Alt]+[Space]ウインドウのシステムメニュー
[Ctrl]+[Alt]+[+](テンキー)[PrintScreen]スクリーンショットをクリップボードにコピー
[Ctrl]+[Alt]+[-](テンキー)[Alt]+[PrintScreen]アクティブウィンドウのスクリーンショットをクリップボードにコピー

添付ファイル: fileTeraTerm+RDP_sample.ttl.txt 1036件 [詳細]